読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carnival

好きなものについて、とりとめもなく、まとまりもなく話しています。

野球ってめっちゃ面白くない?という話。

さて、先日WBCが終わりました。

優勝はアメリカ。侍ジャパンは2大会連続のベスト4。

(第1回、第2回と連覇してるのでベスト4だと奮わない結果のように言われることも多いですが、4回全て準決勝進出以上なんて普通にすごい…)

WBCは終わっても選抜高校野球もまだやってますし、何よりプロ野球のシーズンがそろそろ始まるわけで、野球ファンとしてはここからが本番なわけです。

ということでシーズン開幕を前に「ここが面白いから野球観戦はやめられない」というポイントを書きなぐっていく記事です。

 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.いいこと探しがしやすい

好きなチームが勝てば嬉しいし、お気に入りの選手が活躍すればそれもまた嬉しいわけです。

その逆で負けたらめっちゃ悔しいもんです。

でもでも、本当に救いようのないダメダメな負け試合ってあまり多くないかな、と思います。

もちろん敗因はあるけど、○○選手の打撃が良かったとか、投手陣はよく抑えたとかどこかしらに良かったポイントもあるはずで。

そういうのをぱぱっと振り返ると、最終的に「まーいっか!」と気分を切り替えられるんですよ。何故か。

特にお気に入り選手が頑張っていると、チームの負けが込んでても応援のモチベーションが保てるので試合を見るのが嫌にならないですし。

 

2.シーズン中は基本的に月曜日を除いて毎日試合がある

これ普段は当たり前のように思ってるんですけど、よく考えるとすごく嬉しいポイントだな、と。

毎日好きな野球が見られて楽しいという以外にも、今日は負けても明日があるよ!と思えるのがほんとにいい…

負けたか~まあ明日明日~と思いながら忘れるようにすると、普段の生活の中でもちょっとした嫌なことなら同じようにすっぱり忘れられる力が身についてくる気がします。

(※あくまでも個人の感想です)

そして昨日と今日、今日と明日は当然それぞれ違う試合で、違う楽しさがあるので見ていて飽きないのです。

 

3.ワクワクできる

私は常々「チームは生き物」だと思っています。

毎年、チームから去る選手がいる一方で、必ず新戦力が入ってきてくれる。

そうすると去年までとは少なからず違うチームになるわけで。

あの選手がこんな活躍をしたら…このルーキーがあの名選手みたいになってくれたら…という風に夢を見られるんですよね~

こういうのを繰り返していると、毎年シーズン前に「もしかして今年いけるんじゃん?」と期待をせずにはいられない思考回路になります。

そしてポジティブワクワク野球ファンが誕生するのでした…。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

もちろんこれ以外にも野球の面白いところはたくさんあるんですけど、書き出したら終わらないので割愛。

(魅力あふれる選手がたくさんいるとか、応援が楽しいとか、球場のごはんがおいしいとか色々)

とりあえず今年も贔屓チームが頑張ってくれて楽しく野球が見られますように…